暗号化

Crypt

ダウンロードは紹介文下部のリンクから行えます。
専用ページがある場合は、そちらでダウンロードできます。

TCrypt.dll V1.00

『Stl32.DLL』の強化版、『AdvStl32.DLL』を更に強化した暗号化DLLです。
暗号化ルーチンの改良により、暗号化/復号速度が格段に向上しています。

Tool: Microsoft Visual C++ .NET 2005 (ネイティブコード)
Last Update: 2008/02/13
転載: 可
[tcrypt.lzh] 70.6KB
MD5: 128b5a9a004eb0af50d87b10a0384ebd

>> ダウンロード

↑ 一覧

AdvStl32.dll V0.03β

『Stl32.DLL』を大幅に見直した暗号化DLLです。
暗号化ルーチンを強化したため、従来より強固な暗号化が可能です。
暗号化形式自動判別機能により、復号操作は非常に簡単です。

『Stl32.DLL』と比較して140〜150%速度が向上しています。
(半分以下の時間で処理可能)

復号に失敗するバグが報告されています。
特別な事情が無い限りは、『TCrypt.dll』をご利用ください。

Tool: Microsoft Visual C++ .NET 2003 (ネイティブコード)
Last Update: 2005/06/06
転載: 不可
[advstl.lzh] 29.4KB
MD5: 20d48c95ad76c540f3eff65c6d182432

>> ダウンロード

↑ 一覧

Stl32.DLL V1.10

『FE32.DLL』が強力になった暗号化DLLです。
強化のため、操作がやや複雑な形式もあります。
Visual Basic 6.0 用の使用サンプルも付属。

Tool : Microsoft Visual C++ 6.0
Last Update : 2004/07/10
転載 : 可
[stl32.lzh] 35.4KB

>> ダウンロード

↑ 一覧

FE32.DLL V1.12

ファイルを暗号化して、勝手に閲覧されるのを防ぐために使用するDLLです。
同じ形式で再処理することで復号できます。
単純な暗号なので、知識がある人は簡単に解読できるかも知れません。
Visual Basic 6.0 用の使用サンプルも付属。

Tool : Microsoft Visual C++ 6.0
Last Update : 2003/02/26
転載 : 可
[FE32_112.lzh] 31.5KB

>> ダウンロード

↑ 一覧

File Encryption Unit V2.20

ファイルを暗号化して、閲覧を防ぐツールです。
[FE32.DLL] [Stl32.DLL]にも対応しています。
LHA書庫を作成するアーカイブ機能もあります。

Tool : Microsoft Visual Basic 6.0
Last Update : 2003/11/15
転載 : 可
[FEU.lzh] 87.8KB

>> ダウンロード

↑ 一覧