概要

Summary

画面上にポップアップ通知を表示する機能を追加します。

Capture Gallery

スクリーンショット

capture1

YouTube

YouTube

ダウンロード

Download

ダウンロード (ZIP)

ファイルサイズ: KB

導入方法

How to import
  1. KMS_QuickNotification.js を、プロジェクトの js/plugins フォルダにコピーしてください
  2. 同梱の img/system 下の PNG 画像 (通知用スキン) を、プロジェクトの img/system フォルダにコピーしてください
  3. RPG ツクール MV のプラグインマネージャから「KMS_QuickNotification」を追加してください

設定方法

Settings

プラグインコマンド QuickNotification register を実行すると、通知の登録モードになります。
この状態でイベントコマンド「文章の表示」を実行すると、その内容は会話ウィンドウに表示されず、代わりにポップアップ通知として表示されます。
register

「文章の表示」コマンドの「背景」と「ウィンドウ位置」は、どれを設定しても同じ表示になります。
ただし、今後の更新で機能追加される可能性があるため、背景は「ウィンドウ」にしておくことをおすすめします。

「文章の表示」では、通常と同じ制御文字も使用できます。
ただし、\! など、メッセージウィンドウ内に文字が表示されないタイプの制御文字は使用できません。

一度「文章の表示」を実行した後は、自動的に通知登録モードが解除され、通常の会話ウィンドウが表示されるように戻ります。
続けて複数の通知を表示したい場合は、その都度 QuickNotification register を実行してください。

通知登録モードのままイベントの実行を終えると、意図しない箇所の会話が通知として表示される可能性があります。
プラグインコマンド register は、通知用の「文章の表示」イベントの直前でのみ実行するようにしてください。

プラグインコマンド

Plugin Commands

プラグインには、QuickNotification から始まるコマンドが用意されています。

enable

通知の表示を許可します。
ゲーム開始時は表示が許可された状態になっています。

// 通知を許可する
QuickNotification enable

disable

通知の表示を禁止します。
再び表示されるようにするには enable コマンドを実行する必要があります。

// 通知を禁止する
QuickNotification disable

register

通知の登録を行います。
直後に実行した「文章の表示」コマンドの内容が通知として表示されます。

// 次の文章表示コマンドで通知を登録する
QuickNotification register

パラメータ

Parameters
パラメータ 内容
Display duration 通知表示時間をフレーム単位で指定します。
Display position 通知を表示する位置です。
0: 左上  1: 右上  2: 左下  3: 右下
Face image size 通知用顔グラフィックのサイズをピクセル単位で指定します。
Font size 通知のフォントサイズを指定します。
Max notification count 表示できるメッセージの最大数です。
Notification SE 通知表示時に演奏する SE のファイル名です。 audio/se から読み込みます。
Notification SE param 書式: ボリューム, ピッチ, パン
通知表示時に演奏する SE のパラメータです。ピッチ以降省略可。
Notification skin 通知の表示に使用するスキン画像です。 img/system から読み込みます。
素材規格は通常のウィンドウスキンと同じです。

動作確認環境

Environment

OK

  • Windows 10
    • エディタテストプレイ
    • Mozilla Firefox 54.0.1
    • Google Chrome 60.0

上記に記載がない環境は動作未確認です。

更新履歴

History
バージョン 日付 内容
0.1.0 2017/09/18 初版