世界

世界観

大気中に魔力が存在し、誰もが当たり前にその力を享受できる世界。この世界に住む多くの人々の生活にとって、長らく魔法は切っても切れない存在だった。
そして当然、それは戦においても同様であった ──

ところが、ある長きに渡る戦闘において、それまで大気中に豊富に存在した魔力が突如として失われる。この魔力喪失を境に、人々は魔法に依存しきった生活からの変革を余儀なくされる。

魔力の喪失から10年。世界では過去の魔法の代替となる技術の研究が進められていた。
王都の青年アゼルは、王立魔法研究所の組織である RA の試験を通過し、晴れて念願の RA の一員となる。
同期クリスとともに、アゼル達の RA としての日々が始まる。

用語

魔法
魔力を帯びた物質を媒介に発現させる超常現象。かつては大気に豊富な魔力が含まれており、魔法は身近な存在だった。10年前の魔力喪失以来、大気中の魔力は失われたが、幸いにも鉱石を主とした物質には魔力が残されていた。現在は、それら媒介となる物質や道具を用いた魔法が研究されている。
個人によって魔法への適性が異なり、同じ媒介でも行使できる魔法には差がある。
マナの結晶
極めて多くの魔力を蓄えた、水晶状の物質。魔法のための媒介として珍重される。
王立魔法研究所
王都にある、魔法の研究を行う施設。各種調達や検証任務のための組織 RA を擁する。
RA - Refined Agent
魔法研究所が擁する組織。結晶の調達、研究段階の魔法や道具の実用性検証が主な役割。有事の際は戦闘要員にもなるため、魔法適正や身体能力が高い人員を集めている。

目次

ページのトップへ戻る